So-net無料ブログ作成
検索選択

短期間の補充捜査、手探りの立証に 明石歩道橋事故 (産経新聞)

 神戸第2検察審査会による起訴議決を受け、指定弁護士は全国初となる強制起訴へとこぎつけた。しかし、神戸地検が4度にわたって不起訴と結論づけた事案である上、短期間に十分な補充捜査を行えたとは言い難く、公判での有罪立証へ向けてさらなる困難も予想される。

 指定弁護士は今月15日、榊和晄被告を任意で事情聴取した。だが、聴取そのものは3時間ほどで終わったものの、被告が調書へのサインを終えたのは出頭から10時間余りがたった深夜。「不慣れだった」という調書の作成に時間がかかったためだ。

 主任を務める安原浩弁護士は刑事裁判の経験が長い元判事だが、当然ながら捜査の現場に携わった経験があるわけではない。他の2人の指定弁護士も同様だ。

 まずは早期の起訴を優先したため、以前から要望を受けていた遺族への聴取も起訴後に行うことになるなど、積み残した補充捜査も少なくない。弁護側への証拠開示に3カ月の猶予を求める意向を示したことからは、地検から引き継いだ段ボール19箱に及ぶ証拠の精査が、現段階では十分ではないこともうかがわせる。

 今後は公判に向けて冒頭陳述や論告の作成、さらには被害者参加制度への対応を行っていかねばならない。もちろん、事故の予見可能性や注意義務違反など課せられた立証のハードルも低くはない。

【関連記事】
次席検事「必要な協力を行う」 明石歩道橋事故で元副署長を強制起訴
検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
「正義って何ですか?」「本当に汚い」…永ちゃんvsものまね芸人の仁義なきバトル
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「日本丸は沈没、大阪丸で前に」橋下知事が決意(読売新聞)
再び時効直前に起訴=暴行事件、DNAが一致−解体業の男、関与認める・水戸地検(時事通信)
【うわさの逸品】六甲みそ 六甲味噌製造所 兵庫県芦屋市(産経新聞)
高速新料金6月から「心配いらない」と首相(読売新聞)
高速新料金制を再検討=異論続出で−政府・民主(時事通信)

<日本創新党>夏の参院選後に新党同士で連携を…山田党首(毎日新聞)

 首長らによる新党「日本創新党」党首の山田宏・東京杉並区長は22日、BS11の番組収録で、舛添要一前厚生労働相らによる新党結成について「どの政党も問題意識や考え方は共通する部分があり、連携のしようはある。参院選後ですね」と述べ、夏の参院選後に新党同士が連携すべきだとの認識を示した。

 日本創新党の参院選対応では、少なくとも東京や神奈川愛知大阪の各選挙区で候補者擁立を目指す方針を表明。自身の出馬に関しては「自分が一番死ぬ気になってやらないと突破口は開けない」と述べたものの、明言は避けた。

【関連ニュース
日本創新党:設立届…「第三極」へ見切り発車
日本創新党:首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長
日本創新党:新党に共感、参加は慎重−−大澤知事 /群馬
日本創新党:知事、「応援首長連合」に名を連ねず /栃木
日本創新党:岩国市長、応援首長連合のメンバー削除要求 /山口

<名古屋市議会>恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)
<郵政改革>政府出資2分の1以下なら第三者委を廃止(毎日新聞)
こち亀 両さんの銅像壊される 東京・葛飾(毎日新聞)
霧島山、平常レベルに=噴火の兆候なくなる−気象庁(時事通信)
マツダ「アクセラ」などリコール オイルが漏れる恐れ(産経新聞)

夫刺し車に飛び込む=妻が意識不明−東京(時事通信)

 15日午前4時35分ごろ、東京都多摩市永山のアパートで、住民から「男性が血を流している」と110番があった。警視庁多摩中央署員が駆け付けると、2階に住む自称会社員の男性(47)が腹や背中などを刺されていた。同45分ごろ、約200メートル離れた交差点で、妻(45)が乗用車とトラックに相次ぎひかれた。
 男性は重傷で、妻は意識不明の重体。同署は妻が男性を刺し、車に飛び込んで自殺を図ったとみて調べている。 

仕分け対象の独立行政法人と事業(2)(産経新聞)
女子大生の財布狙う 窃盗未遂容疑、文科省事務官を逮捕 警視庁(産経新聞)
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発(産経新聞)
美浜2号機、手動停止へ=ヨウ素濃度上昇−福井(時事通信)
田辺三菱を業務停止…子会社の新薬データ改ざんで(読売新聞)

「お金もったいなくて」ETC突破の会社員逮捕(読売新聞)

 北海道旭川方面本部機動警察隊と交通課は11日、高速道路料金所のETC(自動料金収受システム)のバーを不正に通り抜けたとして、北海道東神楽町ひじり野、会社員橋本望容疑者(37)を、道路整備特別措置法違反(不正通行)の疑いで逮捕した。

 発表によると、橋本容疑者は今年3月8日、旭川市近文の旭川鷹栖料金所のETCレーンを強行突破した疑い。調べに対し「お金を払うのがもったいなかった」と話しているという。

 東日本高速道路北海道支社が、監視カメラの画像などから橋本容疑者が不正通行を繰り返していることを把握し、道警に通報した。

無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に−報酬も同時期倍増・東京(時事通信)
<首相・閣僚会見>(2)ネットメディアの有力コンテンツに(毎日新聞)
<細菌>日本人の腸内に「海藻好き」…仏研究チーム発見(毎日新聞)
「たちあがれ日本」党名、ガンダムから?(読売新聞)
政府、対北制裁を延長=6回目、核・拉致解決へ圧力(時事通信)

参院長野に2人目=県連頭越しで小沢氏決定−民主(時事通信)

足利事件再審無罪 菅家さん「感無量」 逮捕から6689日「自由」(産経新聞)

 ■苦しみは解放されず

 逮捕から6689日、宇都宮地裁の裁判官3人が菅家利和さん(63)にそろって頭を下げた。「真実の声に耳を傾けられなかった」。26日、足利事件の再審無罪判決が確定した。「感無量、納得した」と菅家さん。故郷で生活再建が始まり、朝寝坊もできる「自由」は戻った。しかし、失われた時が戻ることはない。今でもよみがえる厳しい取り調べの恐怖。「苦しみからは解放されない」。無罪は「新たな始まり」にすぎない。

上下グレーのスーツに赤っぽいネクタイ姿の菅家さんは、緊張した表情で入廷。佐藤正信裁判長が「菅家さん、証言台の前に」と呼び掛けると、天を仰ぎ、大きく深呼吸して判決を待った。

 廷内に緊張感が漂う中、佐藤裁判長ははっきりした口調で「被告人は無罪」。ゆっくりと頭を上げた菅家さんは裁判長の正面に座り、判決内容に聞き入った。

 捜査段階のDNA型鑑定、自白の信用性をことごとく排除した佐藤裁判長は一呼吸置いた後、「菅家さんが犯人でないことは明らか」と明言した。

 「真実の声に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり、自由を奪う結果になったことを誠に申し訳なく思います」。直後、佐藤裁判長ら3人は立ち上がり、証言台の菅家さんに向かって深々と頭を下げた。

 菅家さんは閉廷後、晴れやかな表情で両手を大きく振りながら裁判所を後にし、自ら「完全無罪」と書かれた旗も掲げた。涙交じりに「謝罪をしてもらって本当にありがたい。二度と冤罪(えんざい)をつくってほしくはない」と報道陣に語り、ようやく笑みを浮かべた。

 昼すぎには弁護団と記者会見に臨み、落ち着いた様子で「3人がああいう形で謝罪するとは思わなかった。感動した」と話した。

 「毎朝6時に携帯電話の目覚ましをかけるが、寝坊しちゃう。でも、刑務所と違って何をしても自由なんですよ」

 公判前の3月上旬、菅家さんは穏やかな表情で話していた。昨年12月4日、一時的に住んでいた横浜市から栃木県足利市の市営住宅に引っ越した。

 「故郷の生活は最高。街の雰囲気はあまり変わっていない」。街並みを眺め、目を細める。

 一方、「事件当時の取り調べや、死に目に会えなかった両親のことを急に思い出す」と苦しい胸の内も明かす。

 これからも、自分の置かれた境遇に向き合わなくてはならない。冤罪関連の活動にもさらに力を入れたい。無罪判決は、自分にとって一区切りでしかない。

 「無罪で少しすっきりするかもしれない。でも、新たな闘いの始まりですよ」。菅家さんはじっと前を見据えた。

                   ◇

 ■「申し訳ない」 元県警幹部謝罪 

 足利事件で当時の捜査を指揮した栃木県警元幹部は自宅で「申し訳なかった」と謝罪の気持ちを口にした。

 「一度しかない人生の多くを無為にさせてしまった」と沈痛な表情を浮かべる元幹部。適正な捜査をしたという思いは今でもある。「しかし、結果的に菅家さんには大変な思いをさせた。真犯人が野放しになっており、残念だ」

 元幹部は「今までを取り返して、健康で幸せな生活を送ってほしい」と菅家さんを気遣った。

 一方、被害者の女児が連れ去られた現場近くに住む60代主婦は「真犯人の存在に市民の多くが不安を抱えている。警察はしっかりと捜査すべきだった」。

 女児が通っていた竜泉寺保育園の源田俊昭園長は、事件や再審公判について「社会の教訓とし、二度とこのような事件が起こらないようにするのが女児の供養になる」と話した。

免状不実記載の疑い 埼玉県警が革マル派活動家を逮捕(産経新聞)
信号無視の車追跡、パトカーが衝突事故…3人けが(読売新聞)
地下銀行営業でベトナム人4人逮捕=約30億円を送金−宮城県警(時事通信)
首相、参院選勝敗ラインは「考える状況にない」(産経新聞)
<火振り神事>炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。